涙袋整形はどのような手術なのか

京都市でも涙袋整形をしたいとお考えになっている方は多いと言えます。なにせ今は涙袋がぷっくりしている顔が可愛いと人気がありますから、もともと涙袋があまりないという方はメイクで作ったり努力をしています。毎日メイクで頑張って涙袋を作るのもいいのですが、やはり涙袋整形をしてしまった方が綺麗ですし手間もかかりません。ですから涙袋整形をしたいと思われる方が多いのも自然だと言えます。実際にやってみたいと思った時には涙袋整形はどのような手術になるのか気になる方は多いと思います。ですのでこれからその涙袋整形の施術の流れなどを解説していきます。まず涙袋を作るにはヒアルロン酸を注射で注入します。メスを使ったりはなく注射だけということで、比較的気軽にできると言えます。施術時間は10分ほどで、腫れもごくわずかです。なので長い間メイクができないなんていうこともありません。施術自体が注射なので、麻酔はクリームでの麻酔になります。そのためやはり注射をする時には多少の痛みはありますが、大人であれば問題ない程度です。効果はこれだけで約1年間は持続し、2年から3年はある程度の効果が残ると言えます。比較的気軽にできて効果も長くもちますので、涙袋を作りたいと思われている方は涙袋整形をしてみることをおすすめします。興味が出てきたという方は、京都市にもある美容外科にて無料カウンセリングを受けてみてください。そうすれば実際にやろうかどうか判断がつきやすくなると言えます。